【建設業許可】建設業者は産業廃棄物収集運搬の許可が必要か?

建設業者で産業廃棄物収集運搬業の許可をとっている事業者様は多いです。

 

産業廃棄物収集運搬の許可が必要なケースは

下請業者が、現場で工事をしたときに建設廃材を持ち帰るケースです。

新築・改築や解体などの建設工事で排出される産業廃棄物は、元請人に収集運搬、処分の責任があります。

ただ、現場で下請業者が、当該工事ででた廃棄物をそのまま持ち帰って自身で処分することは、多々あります。

そのようなケースでは、下請業者は産業廃棄物収集運搬の許可が必要になります。

 

また、元請人は収集運搬業者・処分業者とそれぞれに書面で委託契約を締結すること

適正な処理費用を支払うこと、自ら記載したマニフェストを交付することなどが必要となります。

 

現場によって産業廃棄物収集運搬業の取得が必要になるケースもあるかとは思いますが

講習の受講が必要など、時間がかかりますのでお早めにご相談ください。

 

産業廃棄物収集運搬業許可申請の費用

個人 6万円+証紙代81000円(大阪府の場合)+実費数千円

法人 7万円+証紙代81000円(大阪府の場合)+実費数千円

他府県でも許可を取られる方は、直接お見積もり致します。