一般酒類小売業免許申請について

今日は酒類販売業免許についてです。

一般的な酒屋さんなどお酒、みりんなどを売る場合は、税務署の許可が必要です。

一般酒類小売業免許 といいます。

 

申請先が税務署なんでマルサをイメージしちゃって

怖いなあと思うかもしれませんが

 

別に怖くはありません(笑)

 

酒類小売免許の要件は、他の許可と比べて厳しいというわけでは

なく一般的なものです。

 

①人的要件

過去に酒関係の法令違反していない、禁錮以上の刑を受けていない(過去3年) など

 

②納税をちゃんとしている

過去2年分の証明必要

 

③事業資金の準備が出来ている

・税金滞納 銀行取引停止処分→×

・貸借対照表上の繰越損失が資本金等の額を上回る→×

・過去3年の決算で資本金等の20%を超える欠損額→×

・事業資金分の残高証明(通帳コピー)や借入可の証明書

を提出します。

あまりにも経営基盤が薄弱な場合は無理ですね。

 

④販売場の使用権限、その他法令に違反していないか

建築基準法、農地法、都市計画法等々の違反により店舗の除去移転を

命じられている→×

但し、割と細かい事業計画を出す必要があるので

申請書類の作成は少々大変です。

 

また、飲食店が酒類免許を取得するのは原則不可ですが、飲食店部分と販売上をきっちりと

分ける(帳簿、場所、従業員)ことが出来る場合は認められる場合があります。

 

旅館のお土産屋さんにもお酒売ってますしね。

かかる実費は、登録免許税3万円+住民票、納税証明書類取得費用

申請書提出から免許が降りるまでに約2ヶ月程かかります。書類の作成期間を含め

余裕を持ってご依頼ください。

 

当事務所の費用は、法人・個人・免許の種類などによって

異なりますのでお気軽にお電話でご質問下さい(^O^)

 

**************************

八尾 柏原 羽曳野 松原 東大阪 奈良の相続、遺言

法人設立、起業、会社運営のお手伝い

サンク行政書士事務所

八尾市西山本町一丁目1番15号

TEL:072-926-2839

info@yokoyama-gyouseisyoshi.com

http://www.thank-gyoseishoshi.com/

**************************