【建設業許可】経営事項審査とは

経営事項審査とは

建設業許可業者の施工能力、財務の健全性、技術力を判断するために

その企業の完成工事高、財務状況、技術者数などの項目を客観的に総合評価するものです。(大阪府の企業の場合は、審査機関は大阪府です)

これは、公共工事を直接請け負う建設業者は必ず受ける必要があります。

元請け業者のみ必要で、公共工事でも下請け業者の場合は必要ありません。

 

なので、建設工事の入札に参加したい企業はまず、

建設業の許可を取得して

経営事項審査(経営状況分析申請+経営規模等評価申請)を受け

入札参加資格申請を行い

名簿に登録される必要があります。

入札参加資格申請は、国、地方公共団体それぞれに行う必要があります。

例えば、大阪府 大阪市 八尾市 東大阪市 地方整備局 など

 

また、経営事項審査の有効期間は審査基準日から1年7ヶ月までなので、毎年決算変更届を提出したらすぐにでも受ける必要があります。

 

経営事項審査の費用

■実費費用として

経営状況分析申請(約13000円)+経営規模等評価申請(1業種 11000円・以降1業種増えるごとに+2500円)+実費(納税証明書など)数千円

■当事務所の報酬は

①決算変更届 30,000円~(業種数によってことなります)

②経営状況分析申請+経営規模等評価申請 50,000円~(業種数によって異なります)

*2業種までであれば、決算変更届3万円、経営状況分析申請、経営規模等評価申請5万円で行っています。(H29.10現在)

③入札参加資格申請 3万円/箇所